フレーズ集

ja 所有代名詞 1   »   fi Posessiivipronominit 1

66 [六十六]

所有代名詞 1

所有代名詞 1

66 [kuusikymmentäkuusi]

Posessiivipronominit 1

翻訳を表示する方法を選択してください:   
日本語 フィンランド語 Play もっと
私―私の min- –---n-n m___ – m____ m-n- – m-n-n ------------ minä – minun 0
私の 鍵が 見つかり ません 。 E- ------ava-nt-n-. E_ l____ a_________ E- l-y-ä a-a-n-a-i- ------------------- En löydä avaintani. 0
私の 乗車券が 見つかり ません 。 En l--dä--i-p---i. E_ l____ l________ E- l-y-ä l-p-u-n-. ------------------ En löydä lippuani. 0
あなた―あなたの si-ä-– -inun s___ – s____ s-n- – s-n-n ------------ sinä – sinun 0
あなたの 鍵は 見つかり ました か ? L-ys---- av-im-si? L_______ a________ L-y-i-k- a-a-m-s-? ------------------ Löysitkö avaimesi? 0
あなたの 乗車券は 見つかり ました か ? Löys-t-ö l----s-? L_______ l_______ L-y-i-k- l-p-u-i- ----------------- Löysitkö lippusi? 0
彼―彼の h---–---n-n h__ – h____ h-n – h-n-n ----------- hän – hänen 0
彼の 鍵が どこだか 知って います か ? T-edätk- mi--ä---n-- a--i----a o-? T_______ m____ h____ a________ o__ T-e-ä-k- m-s-ä h-n-n a-a-m-n-a o-? ---------------------------------- Tiedätkö missä hänen avaimensa on? 0
彼の 乗車券が どこだか 知って います か ? T-edät-ö ---s---än-n---p--n-- on? T_______ m____ h____ l_______ o__ T-e-ä-k- m-s-ä h-n-n l-p-u-s- o-? --------------------------------- Tiedätkö missä hänen lippunsa on? 0
彼女―彼女の h-n –-hän-n h__ – h____ h-n – h-n-n ----------- hän – hänen 0
彼女の お金が なくなって しまい ました 。 H-n-n -ah---a o--- --i--a. H____ r______ o___ p______ H-n-n r-h-n-a o-a- p-i-s-. -------------------------- Hänen rahansa ovat poissa. 0
彼女の クレジットカードも なくなり ました 。 Ja -ä--n---o-t--o--t-----on-m--s-poi---. J_ h____ l______________ o_ m___ p______ J- h-n-n l-o-t-k-r-t-n-a o- m-ö- p-i-s-. ---------------------------------------- Ja hänen luottokorttinsa on myös poissa. 0
私達ー私達の me---mei-än m_ – m_____ m- – m-i-ä- ----------- me – meidän 0
私達の 祖父は 病気 です 。 Me--än-i-oi---m--on-s---as. M_____ i________ o_ s______ M-i-ä- i-o-s-m-e o- s-i-a-. --------------------------- Meidän isoisämme on sairas. 0
私達の 祖母は 健康です 。 M--dä--isoä-tim-e-o---e--e. M_____ i_________ o_ t_____ M-i-ä- i-o-i-i-m- o- t-r-e- --------------------------- Meidän isoäitimme on terve. 0
あなた達―あなた達の te---te-d-n t_ – t_____ t- – t-i-ä- ----------- te – teidän 0
子供たち 、 あなた達の お父さんは どこ ? La----,-mi--ä --idä--i---ne on? L______ m____ t_____ i_____ o__ L-p-e-, m-s-ä t-i-ä- i-ä-n- o-? ------------------------------- Lapset, missä teidän isänne on? 0
子供たち 、 あなた達の お母さんは どこ ? Laps-t----s-ä--e-dä- --ti----on? L______ m____ t_____ ä______ o__ L-p-e-, m-s-ä t-i-ä- ä-t-n-e o-? -------------------------------- Lapset, missä teidän äitinne on? 0

クリエイティブな言語

創造性は今日、ひとつの重要な要素だ。 だれでもクリエイティブでありたいと思う。 なぜなら、クリエイティブな人は頭脳明晰とみなされるからだ。 言語もクリエイティブであるべきだ。 昔は、人はできるだけ正確に話そうと心がけた。 今日では、できるだけクリエイティブに話せるべきである。 広告とニューメディアはそのひとつの例だ。 それらはどう言語と遊べるかを示している。 約50年前から、創造性の重要性はどんどん強まってきている。 それどころか、研究者たちはその現象に取り組んでいる。 心理学者、教育者、哲学者はクリエイティブなプロセスを研究している。 その際、創造性は新しいものをつくりだす能力と定義される。 クリエイティブな話者は、新しい言語形式をつくりだす。 それは単語や文法構造である。 言語学者はクリエイティブな言語に、どう言語が変化するかをみている。 しかしすべての人が新しい言語要素を理解するわけではない。 クリエイティブな言語を理解するためには、知識が必要だ。 どのように言語が機能するかを知っていなければならない。 そして話者が生きる世界を知らなければならない。 そうすることでしか、何を話者が言いたいのか理解することはできない。 ここでの例は、若者言葉だ。 子どもと若いものは、どんどん新しい概念をつくりだす。 大人はこれらの言葉をしばしば理解できない。 それどころか、そうこうするうちに若者言葉を説明する辞書まで出てきている。 しかしそれはほとんど一世代たてば古くなってしまう。 クリエイティブな言語はしかし習得可能だ。 先生たちはそのための異なるコースを提供している。 最重要な規則は常に、”内なる声を活性化しなさい!”