フレーズ集

ja 助詞の過去形1   »   fi Modaaliverbien mennyt muoto 1

87 [八十七]

助詞の過去形1

助詞の過去形1

87 [kahdeksankymmentäseitsemän]

Modaaliverbien mennyt muoto 1

翻訳を表示する方法を選択してください:   
日本語 フィンランド語 Play もっと
私達は 花に 水を やらねば なりません でした 。 Mei-----it- -a---lla ----t. M_____ p___ k_______ k_____ M-i-ä- p-t- k-s-e-l- k-k-t- --------------------------- Meidän piti kastella kukat. 0
私達は アパートを 掃除せねば なりません でした 。 M---ä---i-- si--ota--sunt-. M_____ p___ s______ a______ M-i-ä- p-t- s-i-o-a a-u-t-. --------------------------- Meidän piti siivota asunto. 0
私達は 食器を 洗わねば なりません でした 。 M-i--n pi-i --s-ata -st-a-. M_____ p___ t______ a______ M-i-ä- p-t- t-s-a-a a-t-a-. --------------------------- Meidän piti tiskata astiat. 0
君達は 請求書を 払わなくては ならなかった の ? P-t-kö tei-ä- ---sa-----ku? P_____ t_____ m_____ l_____ P-t-k- t-i-ä- m-k-a- l-s-u- --------------------------- Pitikö teidän maksaa lasku? 0
君達は 入場料を 払わなくては ならなかった の ? Pi-ikö t---än-m---a- -is--n--ä-ym----? P_____ t_____ m_____ s________________ P-t-k- t-i-ä- m-k-a- s-s-ä-p-ä-y-a-s-? -------------------------------------- Pitikö teidän maksaa sisäänpääsymaksu? 0
君達は 罰金を 払わなくては ならなかった の ? Piti-ö---i-----a-s-a -akko? P_____ t_____ m_____ s_____ P-t-k- t-i-ä- m-k-a- s-k-o- --------------------------- Pitikö teidän maksaa sakko? 0
別れを 告げねば ならなかった のは 誰です か ? Ken---pi-i-h--ä-t-l--? K____ p___ h__________ K-n-n p-t- h-v-s-e-l-? ---------------------- Kenen piti hyvästellä? 0
早く 家に 帰らねば ならなかった のは 誰です か ? Ken---pit----n---a---is-n -ot--n? K____ p___ m____ a_______ k______ K-n-n p-t- m-n-ä a-k-i-i- k-t-i-? --------------------------------- Kenen piti mennä aikaisin kotiin? 0
列車で 行かねば ならなかった のは 誰です か ? Ken------- --nn---un---a? K____ p___ m____ j_______ K-n-n p-t- m-n-ä j-n-l-a- ------------------------- Kenen piti mennä junalla? 0
私達は あまり 長く とどまる つもりは ありません でした 。 M---mme----u-nee- -ä--ä -itkä-si ---aa. M_ e___ h________ j____ p_______ a_____ M- e-m- h-l-n-e-t j-ä-ä p-t-ä-s- a-k-a- --------------------------------------- Me emme halunneet jäädä pitkäksi aikaa. 0
私達は 何も 飲みたく ありません でした 。 Me -mm---a--n--e--j-oda-m--ä--. M_ e___ h________ j____ m______ M- e-m- h-l-n-e-t j-o-a m-t-ä-. ------------------------------- Me emme halunneet juoda mitään. 0
私達は 邪魔する つもりは ありません でした 。 M- e-m- halu-n-et häi-i--. M_ e___ h________ h_______ M- e-m- h-l-n-e-t h-i-i-ä- -------------------------- Me emme halunneet häiritä. 0
ちょうど 電話を したかった ところ です 。 Mi---h--usin-pu-ua--u-e-i----a-juur-. M___ h______ p____ p__________ j_____ M-n- h-l-s-n p-h-a p-h-l-m-s-a j-u-i- ------------------------------------- Minä halusin puhua puhelimessa juuri. 0
タクシーを 呼ぶ つもり でした 。 M--ä h-l--------at-------n. M___ h______ t_____ t______ M-n- h-l-s-n t-l-t- t-k-i-. --------------------------- Minä halusin tilata taksin. 0
なぜなら 運転して 家に 帰りたかった ので 。 Sillä ---- -al--in------ -oti-n. S____ m___ h______ m____ k______ S-l-ä m-n- h-l-s-n m-n-ä k-t-i-. -------------------------------- Sillä minä halusin mennä kotiin. 0
あなたが 奥さんに 電話する ものだと 、 私は 思って いました 。 M----l-ulin, e-t- --l--it -o--t-a--a----le--. M___ l______ e___ h______ s______ v__________ M-n- l-u-i-, e-t- h-l-s-t s-i-t-a v-i-o-l-s-. --------------------------------------------- Minä luulin, että halusit soittaa vaimollesi. 0
あなたは 案内サ-ビスに 電話する ものだと 、 私は 思って いました 。 M-nä luu-i---e-t- h-lusit-s-----a ----ro-i-d-steluu-. M___ l______ e___ h______ s______ n__________________ M-n- l-u-i-, e-t- h-l-s-t s-i-t-a n-m-r-t-e-u-t-l-u-. ----------------------------------------------------- Minä luulin, että halusit soittaa numerotiedusteluun. 0
あなたは ピザを 注文する つもり だと 、 私は 思って いました 。 Min---uu-i-, e-tä-----s-t-ti-at----ts-n. M___ l______ e___ h______ t_____ p______ M-n- l-u-i-, e-t- h-l-s-t t-l-t- p-t-a-. ---------------------------------------- Minä luulin, että halusit tilata pitsan. 0

大きな文字、大きな感情

広告では多くの写真が表示されている。 写真は我々の特別な興味を呼び起こす。 我々はそれを、文字よりも長時間、より集中的にながめる。 それによって、我々は写真が表示されている広告を、よりよく思い出せる。 写真はまた、強い感情的反応を引き起こす。 写真は脳によってとても素早く認識される。 脳はすぐに、写真に何が載っているかを知る。 文字は写真とは違って機能する。 文字は抽象的なシンボルだ。 そのため、脳は文字にはゆっくり反応する。 脳はまず言葉の意味を理解しなければならない。 シンボルは言語脳によって訳されなければならないといえる。 しかし文字でもまた人は感情を呼び起こすことができる。 そのためには、テキストを単に大きく印刷しなくてはならない。 研究によって、大きな文字はまた大きな作用があると示されている。 大きな文字は、小さな文字より目立つだけではない。 それらはより強い感情的反応を発生させる。 それはポジティブな感情にもネガティブな感情にもいえる。 物の大きさは人にとってつねに重要だ。 危険には人は素早く反応しなくてはならない。 そして何かが大きいと、たいていそれはすでに非常に近くにある! 大きな写真が強い反応を起こすのは、当然である。 あまり明らかになっていないのは、我々がなぜ大きな文字にも反応するかである。 文字は本当は脳へのシグナルではない。 それにもかかわらず、大きな文字を見ると脳はより強い活動を示す。 学者たちにとっては、この結果は非常に興味深い。 それは文字が我々にとってどれほど大切になったかを示している。 脳はどうにかして文字に反応することを学んだのだ・・・。