睡眠学習

外国語は今日、一般教養に属する。 勉強するのだけがそれほど面倒でなければ! 外国語の勉強に問題を抱えるすべての人にとって、よいニュースがある。 というのも、我々は睡眠中にもっとも効果的に学習するのである! いくつもの学術論文がこの結論を出している。 そして我々は言語学習にといてそれを利用できるのだ。 睡眠中、我々は日中の経験を処理している。 我々の脳は新し印象を分析する。 我々が経験したことすべてが、もう一度じっくり考えられるのである。 その際、新しい内容が脳内で固定される。 特によく記憶されるのが、眠り込む前のことだ。 そのため、重要な物事を夜もう一度繰り返すことは助けになる。 どの学習内容にも、それぞれ違った睡眠段階が権限をもつ。

夢睡眠はサイコモーター学習を促進する。 たとえば、音楽やスポーツがそれに属する。 ソレに対して、知識の学習は深い睡眠時に起こる。 ここでもう一度、我々が学習時に取り入れることがすべて繰り返される。 つまり、語彙と文法だ。 言語を学ぶとき、脳は多く働かなければならない。 新しい単語と規則が保存されなければならない。 睡眠時にはそれがすべてもう一度再生される。 研究者たちはそれを”リプレー理論”と表現している。 しかし大切なのは、よく寝ることだ。 身体と精神はきちんと癒されなくてはならない。 その場合にしか、脳は効率良く働けない。 よい睡眠がよい記憶の成果、と言えるだろう。 我々が休養する間、脳はまだ活発に動いている・・・。 つまり、Gute Nacht, good night, buona notte, dobrou noc!