アラビアの言語

アラブの言語は、世界でもっとも重要な言語の一つだ。 3億人以上がアラビア語を話す。 彼らは20以上の異なる国で生活している。 アラビア語はアフロ・アジア語族に属する。 発生したのは何千年も前である。 まずはこの言語はアラブの半島で話されていた。 そこからさらに広がっていった。 話し言葉のアラビア語は、標準アラビア語とは区別される。 アラビア語の方言もまた、たくさん存在する。 どの地域でも違っているといえるだろう。 異なる方言の話者は、まったく相互理解しないことが多い。 アラブ圏の映画はそのため、ほとんど吹き替えられている。 そのようにしてしか、アラビア語圏全体で理解されることはできない。

クラシカルな標準アラビア語は、今日ではもうまったく話されていない。 それは書き言葉でしか見ることがない。 本と新聞はクラシカルな標準アラビア語を使用している。 今日まで、独自のアラブの専門言語は存在していない。 専門的表現はそのためほとんど他の言語からきている。 ここではとりわけフランス語と英語が優勢だ。 アラビア語への関心は、ここ数年で高まってきている。 アラビア語を勉強したい人はどんどん増えている。 どの大学や学校にもアラビア語のコースがある。 特にアラビア文字を魅力的だと思う人は多い。 アラビア語では右から左へ書く。 発音と文法は簡単ではない。 他の言語にはない音韻と規則がたくさんある。 そのため、学習の際には特定の順番に注意すべきだ。 まず発音、それから文法、そして文字・・・。