ラテン語、生きている言語?

今日では英語が最重要な世界的言語だ。 全世界で勉強され、多くの国では公的言語となっている。 昔はラテン語がその機能を備えていた。 ラテン語はもともと、ラテン人によって話されていた。 彼らはラティウムの住人で、ローマが中心だった。 ローマ帝国の発展により、その言語は広まっていった。 古代ではラテン語は多くの民族にとって母国語だった。 彼らはヨーロッパ、北アメリカ、西南アジアに住んでいた。 口語ラテン語はしかし古典的なラテン語とは異なる。 それは話し言葉で、俗ラテン語と呼ばれた。 ローマ化された地域には異なる方言があった。 方言から中世では国籍言語が発展した。 ラテン語から派生する言語は、ロマン言語である。

イタリア語、スペイン語、ポルトガル語がそれに属する。 フランス語とルーマニア語もラテン語を基礎としている。 しかしラテン語は本当には消滅しなかった。 19世紀までは重要な商業言語だった。 そして教養ある者の言語が残った。 学問にとってはラテン語は今日まで重要な意味をなす。 多くの専門用語はラテン語に由来するからである。 学校でもラテン語は外国語として教えられている。 大学はしばしばラテン語の知識を期待することがある。 ラテン語はつまり、もはや話されていなくとも絶えてはいない。 数年来、ラテン語はそれどころかカムバックを経験している。 ラテン語を学びたい人々の数は、再び増加している。 いまだにラテン語は、多くの国の言語と文化への鍵とみなされている。 さあ、ラテン語を学ぶ勇気を! Audaces fortuna adiuvat、幸運が勇気ある者を助けてくれる!