言語としての合図

意思の疎通をするために、人間は言語を発展させた。 ろうあ者や難聴者も独自の言語をもっている。 それは、すべてのろうあ者の基本言語である手話だ。 手話は合図の組み合わせから成り立つ。 それによって視覚的な言語、つまり”可視”化する。 手話は国際的に理解されるのか? いや、合図にも異なる国籍言語が存在する。 各国にはそれぞれ独自の手話がある。 そしてそれはその国の文明開化に影響される。 なぜなら、言語は常に文化によって発展していくからだ。 それは口頭で話されない言語でも同様である。 しかし国際的な手話というのも存在する。 その合図はしかし少し複雑だ。

というのは、その国の手話と似ているからだ。 多くの合図は因習的である。 その合図が表す物体の形に基づいている。 最も広く知られた手話は、アメリカン・サイン・ランゲージだ。 手話は充足した言語として認められている。 独自の文法を手話はもつ。 しかしそれは、話し言葉の文法とは違う。 そのため、手話を単語ごとに訳すことはできない。 しかし手話通訳者も存在する。 手話で情報は並行して翻訳される。 それは、たったひとつの合図が全文を表現するという意味だ。 手話には方言もある。 地域的な特徴が独自の合図をもっている。 そしてどの手話にも独自のイントネーションと文のメロディーがある。 合図においても同様に、アクセントによって出身がばれてしまう!