クレオール言語

南洋でもドイツ語が話されていると、あなたは知っている? そのとおり、本当だ。 パプア・ニューギニアの一部とオーストラリアでは”我々のドイツ語”を話す。 それはクレオール言語である。 クレオール言語は言語のコンタクト状況から発生する。 ようするに、複数の異なる言語が顔を合わせる。 多くのクレオール言語はそうこうしているうちにほとんど消滅してしまった。 しかし世界ではまだ1500万人の人々がクレオール言語を話している。 クレオール言語は常に母国語だ。 ピジン言語においては違う。 ピジン言語は非常に縮小された言語フォームである。 それは簡単な意思の疎通に役立つ。 ほとんどのクレオール言語は植民地時代に発生した。

そのため、クレオール言語はひんぱんにヨーロッパの言語を基礎としている。 クレオール言語のひとつの指標は、限られた語彙だ。 クレオール言語は独自の音韻組織をもっている。 文法は非常に簡素化されている。 複雑な規則は話者によって単純に無視される。 各クレオール言語は、国家的アイデンティティーの重要な構成要素だ。 そのため、たくさんのクレオール言語の文学も存在する。 言語学者にとってはクレオール言語は特に興味深いものだ。 というのは、クレオール言語は、どのように言語が発生し再び消滅するかを示すからだ。 クレオール言語では言語の発展を追うことができる。 さらに、言語が変化し適合できることを証明している。 クレオール言語を研究する規律はクレオール言語学だ。 クレオール言語でのもっとも有名な文のひとつはジャマイカ発である。 ボブ・マーリーがそれを世界に広めた-知っていますか? それはNo woman, no cry! (= No, woman, don't cry!)