女性は男性と違った話し方をする

女性と男性が異なるのは、我々みんなが知っている。 しかし、彼女たちが違った話し方をするのもしっていましたか? それはいくつもの論文が示している。 女性は男性とは違う言語パターンを持っている。 彼女たちはよく間接的で控えめに表現する。 それに対して男性は、ほとんどの場合直接的で明確なことばを使う。 しかし話しているテーマも違う。 男性はニュース、経済、スポーツについて多く語る。 女性は家族または健康といった、社会的テーマを優先する。 つまり、男性は事実について話すのが好きだ。 女性は人間について話すほうを好む。 目立つのは、女性が”弱い”言語を話そうと努めることだ。 彼女たちがより注意深く丁寧に表現するという意味である。

女性は質問もよく投げかける。 おそらく、彼女たちは調和を望み、争いを避けたいのだろう。 それ以外にも、女性はずっと広い感情の語彙をもっている。 男性にとっては会話はしばしば競争の一種だ。 彼らの言語は明らかにより挑発的で攻撃的だ。 そして男性は一日に女性よりずっと少ない言葉を話す。 何人かの研究者は、それが脳の構造に関係すると主張する。 というのは、女性と男性の脳は違うからだ。 つまり、彼らの言語中枢も異なる構造をしている。 しかし、おそらくその他の要因も我々の言語に影響を及ぼしている。 学問はこの分野をまだそれほど長くは研究していない。 それにもかかわらず女性と男性はまったく違う言語は話していない。 誤解はつまり、なくてはならないわけではない。 円滑なコミュニケーションのための戦略はたくさんある。 もっとも簡単なのは、よりよく聞くことだ。