学習と感情

もしも私たちがひとつの外国語で歓談できたら喜ばしいことだ。 私たちは自分自身そして学習の進歩を誇りに思う。 それに対して成果がなければ、腹が立ったりがっかりする。 学習にはつまり、様々な感情が結びついている。 しかし新たな研究論文は、さらなる興味深い結果にたどりついている。 それらは、感情はすでに学習の最中にある役割を演じると示している。 というのは、私たちの感情は学習成果に影響を与えるからだ。 脳にとって、学習はいつもひとつの課題となる。 そしてこの課題を解きたいと思っている。 それがうまくいくかどうかは、私たちの感情によって左右される。 問題を解決できると信じれば、自信がでてくる。 この感情的な安定性が、学習の際に助けになるのである。 ポジディブな考えは、それによって私たちの知性的能力を促進する。

ストレスを抱えながらの学習はそれに対して明らかに進まない。 疑念や不安は良い成果の妨害になる。 特に不安を抱えているときはよく勉強できない。 そして脳は新しい内容をしっかりと保存できなくなる。 そのため、重要なのは学習するときにいつもモチベーションを保つことだ。 感情はようするに、学習に影響する。 しかし学習も私たちの脳に影響を及ぼす! 事実を整理する脳の構造は、感情もつかさどる。 学習は幸せを感じさせることができ、幸せな人ほどよく学習できる。 もちろん勉強はいつも楽しいわけではない。面倒なときもある。 そのため、私たちはいつも目標を設定すべきではない。 そうすれば脳を酷使することはない。 そして自身の期待を満たせると保証する。 私たちの成功はようするに、さらにモチベーションを上げる褒美だ。 つまり、勉強しなさい-そしてその際に微笑みなさい!