早期学習

外国語は今日、どんどん重要になっている。 それは就業生活においても同様だ。 そのため、外国語を学ぶ人の数は増加している。 多くの親たちも、子どもが言語を学ぶことを望む。 小さいときに学ぶのがベストだ。 世界的に、すでに多くのインターナショナルスクールが存在している。 多言語教育の幼稚園も、より好まれるようになってきている。 学習開始が早ければ速いほど、得なことはたくさんある。 それは我々の脳の発達に関係する。 4歳までに脳内で言語のための構造は構成される。 この神経網は学習の際の助けになる。 あとになると、新しい構造はあまりよく構成されない。 年長の子供と大人には、言語の学習がより難しくなる。

そのため、我々は脳の早期成長をアクティブに促進すべきだ。 簡単に言うと、より若ければより良い。 しかし、早期の学習を批判する人もいる。 彼らは多言語が小さな子供にとって負荷がかかりすぎるのではと危惧している。 それ以外にも、子供たちがひとつの言語もきちんと学習できない危険性もある。 しかし学術的視点からは、この疑いは根拠がないとされる。 ほとんどの言語学者と神経心理学者は楽観的である。 彼らのこのテーマに関する研究論文は、ポジティブな結果を出している。 子供たちはほとんどの場合語学の授業を楽しんでいる。 そして、子どもが言語を学ぶと、彼らは言語についてもよく考える。 そのため、彼らは外国語を通して母国語もよく知ることになる。 この言語に関する知識から、彼らは人生で長く恩恵を授かる。 もしかしたら、難しい言語から始めるほうがいいかもしれない。 というのは、子供の脳は早く直感的に学ぶからだ。 helloだろうがciaoまたはnéih hóu だろうが、子どもの脳にとってはどうでもいいのである!