学習と学習タイプ

学習でまったく進歩のない人は、おそらく間違った学び方をしているのだろう。 その人は、自分の型に合ったように学んでいないという意味だ。 一般的には、4つの学習タイプが区別されている。 これらの学習タイプは感覚器官に属している。 聴覚的、視覚的、コミュニケーション的、そして運動性の学習タイプがある。 聴覚的対応は、聞いたことをもっともよく記憶できる。 彼らは、たとえばメロディーをよく思い出せる。 学習する際に彼らは読み上げ、単語を大声で勉強する。 このタイプはよく独り言をいう。 彼らにとって助けになるのは、テーマに関するCDや講演だ。 視覚的タイプは、見たことをもっともよく学べる。 彼らにとっては、情報を読むことが重要だ。 学習する際にはたくさんのメモを取る。

彼らはまた、写真、表、単語カードを使っての勉強を好む。 このタイプはたくさん読み、いろいろな夢をみる。 美しい環境の中で、彼らはもっともよく勉強できる。 コミュニケーションタイプは、会話とディスカッションを優先する。 彼らは相互リアクション、つまり他人との会話を必要とする。 授業では彼らは多くの質問をし、グループ学習を好む。 運動的タイプは、動きを通して勉強する。 彼らはLearning by doingの教則を優先し、すべてを試したがる。 学習の際、彼らは身体的にアクティブで、もしくはガムを噛む。 彼らはセオリーを嫌い、そのかわり実験を好む。 重要なのは、ほとんどすべての人々が混合タイプだということだ。 ひとつのタイプだけを持った人は存在しない。 そのため、すべての感覚器官を使うのがベストだ。 そうすれば脳は何重にも活性化され、新しいことをよく記憶する。 単語を聞き、読み、議論しなさい!そしてそのあとスポーツをしなさい!