我々はみな"アフリカ語"を話す?

誰でもアフリカに行ったことがあるわけではない。 しかしどの言語もそこに存在したことがあるかもしれない。 少なくとも一部の学者はそう信じている。 彼らはすべての言語のルーツはアフリカにあるという意見だ。 そこから世界中に広がった、というわけだ。 計6000以上の異なる言語が存在している。 それらはすべて、共通のアフリカン・ルーツを持っているという。 研究者たちは言語の音素を相互比較した。 音素は最小の意味を決定する要素だ。 ひとつの音素が変化すれば、ひとつの言葉の意味も変わる。 英語における例がそれを明確に示している。 英語では "dip" と "tip" は異なるものを表す。 /d/ と /t/ は英語で二つの違う音素だ。

アフリカの言語ではこの音韻上の多彩さが最も大きい。 しかしその多彩さも、アフリカから離れれば離れるほど明らかに減少している。 そしてまさしくそこに、研究者たちは彼らの主張の証明を見出している。 というのも、拡張した個体群はより同形になっているからだ。 外側周辺は遺伝的な多彩さが減少している。 それは”入植者”の数も減少していることに関係する。 移住した遺伝子が少なければ少ないほど、個体群はより統一される。 遺伝子の組み合わせの可能性はより少なくなる。 それによって、外へ出ていった個体群の中身同士は似てくる。 学者たちはこれを創設効果と名づけている。 人々がアフリカを去ったとき、彼らは言語をそのまま持っていった。 しかしより少ない入植者は、より少ない音韻のかたまりしか持たないことになる。 そうしてひとつひとつの言語が時間の流れにつれて統一されていくのである。 人類がアフリカから出てきたということは証明されているようにみえる。 それが言語にもあてはまるのか、我々は興味津々である・・・。