母国語?父国語!

あなたは子供の時、誰から言葉を習った? 間違いなく今あなたは言うだろう、母からだと。 世界のほとんどの人がそう考える。 母国語という概念は、ほぼすべての民族に存在する。 イギリス人も中国人も、その概念を知っている。 たぶん、母親は子どもとすごす時間が長いからだろう。 最近の研究はしかし違った結果を発表している。 それらの研究は、我々の言語はほとんどの場合は父親の言語だと示している。 研究者たちは、混合した民族の遺伝素質と言語を調査した。 そういった民族では、両親は異なる文化の出身だ。 この民族は一世紀ほど前にうまれた。 大きな民族移動がその理由だ。 この混合民族の遺伝素質は、遺伝子的に分析された。

それから民族の言語と比較された。 ほとんどの民族は、彼らの男性先祖の言語を話す。 つまり、国の言語はY染色体に属するということだ。 男性はようするに、彼らの言語を見知らぬ国へと持っていったのである。 そして女性たちはそこで、男性の新しい言語を取り入れたのだ。 しかし、今日でもまだ父親は我々の言語に大きな影響を与えている。 というのは、赤ちゃんは言語を学習するとき、父親の言語に合わせるからだ。 父親が子どもと話すのは明らかに少ない。 男性的文構造が女性的文構造より簡単である。 そのため、父親の言語は赤ちゃんにとってより適しているのだ。 赤ちゃんにとってそれは荷が重すぎず、より簡単に習得できる。 子供たちはそのために、話すときにはママよりもパパの真似をしたがる。 しかしあとになって、母親の語彙が子どもの言語に影響を与える。 つまりは母親も父親も我々の言語に影響している。 ということは、両親語と呼ぶべきだ!