言語と文字

どの言語も人と人との意思の疎通に役立つ。 我々は話すとき、何を考え、感じているかを表現する。 その際、言語の規則はいつもは守られていない。 我々は独自の言語、つまり口語を用いる。 書き言葉では違う。 ここでは言語すべての規則が用いられる。 文字は言語を本物の言語にするのである。 文字は言語を可視化する。 文字によって知識は千年紀を超えて伝えられていく。 そのため文字はどの発展した文化の基礎でもある。 最初の文字は5000年以上前に考えだされた。 それはシュメール人のクサビ文字だった。 クサビ文字は粘土板に刻まれた。

このクサビ文字は3000年もの間使われていた。 同じくらい長い間、古代エジプト人の神聖文字が存在する。 数えきれないほどの学者がそれを研究した。 神聖文字はかなり複雑な文字システムをもつ。 しかし、考えだされたのはおそらく非常に簡単な理由からだろう。 当時のエジプトは多くの住民を抱えた巨大な帝国だった。 日常、とりわけ経済はオーガナイズされなければならなかった。 税金や精算は効率的に管理される必要があった。 そのために古代エジプト人は文字を考案したのである。 アルファベット式の文字システムは、それに対してシュメール人に起因する。 どの文字も、それを使用する人々について多くを表している。 それ以外にも、どの国家も独自の性質を文字に含む。 残念ながら手書き文字はどんどん失われている。 近代技術は、手書きをほとんど不要にしている。 そう、話すだけではなく、再び書きましょう!