ゲルマン言語

ゲルマン言語は印欧語族に属する。 音韻学敵特徴はこの言語族ならではだ。 音のシステム上での違いは、この言語を他の言語と区別する。 約15のゲルマン言語が存在する。 それらは世界中で5億人の母国語となっている。 一つ一つの言語の具体的な数を特定するのは難しい。 独立した言語なのか、方言であるだけなのかは、しばしば明らかでない。 最重要なゲルマン言語は英語だ。 世界には3億5000万人の英語母国語者がいる。 それからドイツ語とオランダ語だ。 ゲルマン言語は異なるグループに分けられる。 北ゲルマン、西ゲルマン、東ゲルマン言語である。 北ゲルマン言語はスカンジナビア言語だ。

英語、ドイツ語、オランダ語は西ゲルマン言語である。 東ゲルマン言語はすべて消滅した。 そこにはたとえばゴシックが属する。 植民地化はゲルマン言語を世界中に広めた。 オランダ語はカリブと南アフリカでも理解される。 すべてのゲルマン言語は共通の根源をもつ。 しかしひとつの統一された祖語があったかどうかは定かでない。 それ以外に、古いゲルマン文字はわずかしかない。 ロマン言語と違って、原典がまったくないのである。 ゲルマン言語の研究はそのため、より困難だ。 ゲルマンの文化についても、かなりわずかしか知られていない。 ゲルマン民族は統一部隊をつくらなかった。 そのためにひとつの共通のアイデンティティは存在しない。 学者はそのため見知らぬ原典の助けを求めなくてはならない。 ギリシャ人とローマ人なしには、我々はゲルマン人についてほんの少ししか知ることができない!