スラブ言語には

約3億人にとって、スラブ言語は母国語だ。 スラブ言語は印欧語族に属する。 約20のスラブ言語が存在している。 その中でもっとも重要なのはロシア語だ。 1億5000万人以上がロシア語を母国語として話している。 そのあとはポーランド語とウクライナ語で、それぞれ5000万人の話者がいる。 言語学ではスラブ言語は細分される。 西スラブ語、東スラブ語、南スラブ語である。 西スラブ語はポーランド語、チェコ語、スロバキア語だ。 ロシア語、ウクライナ語、ベラルーシ語は東スラブ語。 南スラブ語はセルビア語、クロアチア語、ブルガリア語である。 さらに並行してたくさんのスラブ言語がある。 しかしこれらはかなりわずかな人しか話していない。

スラブ言語は、ひとつの共通の祖語に起因する。 一つ一つの言語には、かなりあとになってから発展した。 それらはゲルマン言語やロマン言語より若い。 スラブ言語の語彙の大部分は似通っている。 それはスラブ言語がかなりあとになってから分裂したことに関係する。 学術的視点では、スラブ言語は保守的だ。 つまり、まだ多くの古い構造を残しているということだ。 他の印欧語族はこの古いフォームを失っている。 そのため、スラブ言語は研究者にとって非常に興味深いものだ。 スラブ言語によって、逆推論を唱えることができる。 印欧はそうして、研究者によって再構築された。 スラブ言語の特徴は、母音が少ないことだ。 それ以外にも、他の言語にはない音がたくさんある。 特に西ヨーロッパ人はそのために発音に問題を抱えることが多い。 しかし不安がらないで-すべては良くなるから。ポーランド語では:Wszystko będzie dobrze!