言語とことわざ

どの言語にもことわざはある。 そのため、ことわざは国家的アイデンティティの重要な部分だ。 ことわざでは、その国の価値と基準があらわれる。 その形は一般的に有名で確定している。つまり変えられない。 ことわざは常に短く的確だ。 よくそこでは隠喩が用いられる。 多くのことわざは、ポエム的でもある。 ほとんどのことわざは我々にヒントや行動規則を与えてくれる。 しかしいくつかのことわざは明らかな批判を表す。 ことわざも非常にひんぱんにステレオタイプを使う。 つまり名目上他の国や民族の典型的なことについてだ。 ことわざにはとても古い伝統がある。 アリストテレスがすでに、ことわざを短い哲学的なものとしてほめたたえている。

修辞学と文学では、ことわざは重要な様式手法である。 特別なのは、ことわざが常に今日的であることだ。 言語学では、ある独自の分野がことわざを扱っている。 多くのことわざは複数の言語に存在する。 その際、それらは語彙的に似通っている。 異なる言語の話者は、同じ単語を使う。 Bellende Hunde beißen nicht, Perro que ladra no muerde. (DE-ES) 他のことわざは意味上似通っている。 つまり、同じ内容が違う単語で言い表されるということだ。 Appeler un chat un chat, Dire pane al pane e vino al vino. (FR-IT) ことわざは、他の民族や文化を理解する助けになる。 ことわざでもっとも興味深いのは、それが世界中に存在することだ。 そこでは人間の生活の大きなテーマが重要となっている。 これらのことわざはつまり、普遍的な経験を扱っている。 それらは我々は皆、どの言語を話そうと同じだと示している。