休憩は学習成果にとって重要

効果的に学びたい人は、よりひんぱんに休憩すべきだ! この結果には、新しい学術的研究論文がたどりついた。 研究者は学習の段階を調査した。 その際、異なる学習状況がシミュレートされた。 我々は小さな塊での情報をもっともよく拾い上げる。 つまり、一度にたくさん勉強すべきではないということだ。 学習の間、いつも休憩をすべきである。 我々の学習成果はつまり生化学的プロセスにも関連がある。 これらのプロセスは脳内で進行している。 それらが最適の学習リズムを決める。 新しいことをキャッチすれば、脳は特定の素材を出す。 この素材が脳細胞の活動に影響するのである。 特に二つの異なる酵素がその際に重要な役割を演じる。

それらは新しい内容の学習の際に放出される。 しかし一緒には出てこない。 その作用は時間的間隔のなかであらわれてくる。 しかし両方の酵素が一緒に居合わせた場合に、我々はもっとも良く学ぶことが出来る。 そしてこの成功は、よりひんぱんに休憩をすると、明らかに増える。 つまりひとつひとつの学習段階の継続時間を変化させることが有意義である。 また、休憩の長さも異なるべきだ。 理想的なのは、まず10分の休憩を2回いれること。 そのあとは5分の休憩が続く。 それからさらに30分の休憩をとりいれる。 休憩の間に脳はその新しい内容をよく刻みこむことができる。 休憩の間は、勉強机を離れるべきだ。 それ以外に、休憩しているとき身体を動かすのが良い。 勉強の合間に短い散歩をしなさい! そして良心を痛める必要はない-その際にも学んでいるのだから!