ポジティブな言語、ネガティブな言語

ほとんどの人は、楽観的か悲観的である。 しかしそれは、言語にもいえることだ! 学者たちは繰り返し言語の語彙を研究している。 その際、よく驚くべき結論にたどり着く。 英語ではたとえば。ポジティブな単語よりもネガティブな単語のほうが多い。 約2倍のネガティブな感情を表す単語がある。 西洋社会では、語彙が話者に影響を与える。 そこでは人々がひんぱんに苦情を言っている。 彼らはまた、多くのことを批判する。 彼らはようするに、どちらかといえばネガティブ色な言葉を総合的に使うのだ。 しかしネガティブな単語は、ある他の理由から面白くもある。 それらはつまり、ポジティブな表現よりも多くの情報を含んでいるのである。 その原因は、我々の発展の歴史によるのかもしれない。

すべての生物にとって、危険を見極めることは大切だ。 彼らは素早くリスクに対してリアクションをとらなければならない。 それ以外にも、危険においては他の人たちに警告したいと思う。 そのために素早く多くの情報を伝えることが必要だ。 できるだけ少ない単語で、できるだけ多くのことが表現されなければならない。 さもないとネガティブな言語の本当の利点はなくなる。 それは誰でも簡単に想像できることだ。 いつもネガティブなことをいう人々は、間違いなく好かれない。 それ以外にも、ネガティブな言語は我々の感情にも作用する。 ポジティブな言語はそれに対してポジティブな作用をもつ。 仕事においては、すべてポジディブに表現する人のほうが成功する。 我々はつまり、ことばを注意深く使うべきだ。 というのは、どの単語を選ぶかは我々が決めているからだ。 そして言語によって我々は、自分たちの現実もなしとげる。 つまり、ポジディブに話しなさい!