言語と広告

広告はコミュニケーションの特別な形式を表す。 製作側と顧客のコンタクトを成立させるのである。 あらゆるコミュニケーションの方法と同様、広告にも長い歴史がある。 アンティーク時代にはすでに、政治家や酒場のために存在していた。 広告の言語は、修辞句の特別な要素を利用している。 というのは、広告には目的があり、つまり計画されたコミュニケーションなのだ。 注目を引き、興味を呼び起こさなければならない。 しかし、特に商品を利用する気持ちになり、購入すべきだ。 広告の言語はそのために、ほとんどの場合非常にシンプルである。 少ない単語とシンプルなスローガンが使用される。 それによって、我々の記憶に内容がよく刻み込まれるのである。 形容詞と最上級のように、決まった言葉の種類がひんぱんに出てくる。 それらは商品を特に得になるものとして描写する。

広告言語はそのため、ほとんどポジティブに色付けされている。 興味深いのは、広告言語が常に文化の影響を受けていることだ。 広告言語は我々に、社会について多くを語っているということだ。 多くの国では今日、美しさと若さの概念が支配的となっている。 また、未来と確実性ということばもよく出てくる。 特に西洋の社会では、英語が好んで使われている。 英語はモダンで国際的とみなされるのである。 それが技術的商品によく合っている。 ロマン言語からの要素は、喜びと情熱に使われる。 それらは生活用品または美容用品に好んで用いられる。 方言を使用する者は、故郷と伝統などの価値を強調したがっている。 商品名は新しい造語であることが多い。 だいたいの名前に意味はなく、単に心地よい響きをもつ。 いくつかの商品名はしかしキャリアを築くこともできる。 ある掃除機の名前は、それどころか動詞になった-to hoover!