成果ある話し方は学習できる

話すということはわりと簡単だ。 それに対し、成果のある話をすることはずっと難しい。 つまり どのように 何かを話すかは、 何を 話すかよりも重要である。 それは異なる研究論文によって示されている。 聞き手は無意識に、話し手の決まった特徴に気をつける。 それによって、話がよく受け入れられるかどうかに影響を与えられる。 我々は常に、どのように話すかについてきちんと注意を払わなければならない。 それはボディランゲージにもいえることだ。 ボディランゲージは、信頼できて、その人の人格に適切でなければならない。 また、声も常に一緒に評価されるため、ひとつの役割を果たす。 男性の場合はたとえば、より低い声が有利である。 低い声は、話し手を悠然とそして専門知識があるように見せる。 声のバリエーションはそれに対して作用をもたない。

しかし特に重要なのは、話す際のスピードだ。 実験では、会話の成功が調査された。 成果のある話し方というのは、他の人を納得させることである。 他の人を納得させたければ、話すのが速すぎてはいけない。 そうでないと、正直でないという印象を与えてしまう。 しかしゆっくりすぎるのもよくない。 非常にゆっくり話す人は、あまり頭が良くないと思われる。 ベストはようするに、中くらいのスピードで話すことだ。 理想は毎秒3,5単語である。 合間に一呼吸いれることも重要だ。 それは、ことばを自然かつ信頼出来るものにする作用がある。 そして聞き手が話し手を信頼するようになる。 ほどよいのは、毎分4~5回の間を取ることだ。 話し方をよりうまくコントロールしようと試みてごらんなさい。 そうしたら次の面接もうまくいくでしょう・・・。