トーン言語

世界中で話されるほとんどの言語には、トーン言語が存在する。 トーン言語では、トーンの高さによって決定される。 トーンは、単語または音節がどんな意味を持つか決定する。 それによってトーンは単語に固定的に属する。 アジアで話されるほとんどの言語は、トーン言語だ。 たとえば中国語、タイ語、ベトナム語がそれに属する。 アフリカにも様々なトーン言語が存在する。 多くのアメリカ先住民族言語も同様にトーン言語である。 先住民族言語はほとんど、有調の要素しかもたない。 たとえば、スウェーデン語やセルビア語がそうだ。 トーンの高さの数は、それぞれの言語で異なる。 中国語では、4つの異なるトーンが区別される。 音節”ma”はそれによって4つの違う意味を持つことができる。

それは母、麻、馬、罵るである。 興味深いのは、トーン言語が我々の聴覚にも作用することだ。 絶対音感に関する研究論文はそれを証明している。 絶対音感とは、聴いた音を的確に判断する能力だ。 欧州と北アメリカでは、絶対音感は非常にめずらしいものだ。 10000人に1人以下がこの能力をもつ。 中国語母国語者の場合は少し違う。 ここではこの特別な能力を9倍の人がもつ。 小さな子供のとき、我々は皆絶対音感をもっている。 我々はその能力を、正しく話すことを学ぶために必要とする。 しかし残念ながらほとんどの人がこの能力を失ってしまう。 トーンの高さはもちろん音楽でも重要だ。 特にトーン言語を話す文化においては重要となる。 トーン言語はメロディーを非常に正しく守る必要がある。 さもないと、美しい愛の歌が意味のない歌になってしまう!