言語の変遷

我々が生きる世界は、毎日のように変化している。 そのため、我々の言語も停滞はしていられない。 言語は我々とともにさらに発展し、ダイナミックだ。 この変遷は、言語のすべての分野にいえることである。 つまり、その変化は様々な視点に関連づけることができる。 音韻学的な変化は、言語の音声システムに関係する。 意味的な変化は、単語の意味を変える。 字句的な変化は、語彙の変化を意味する。 文法的変化は、文法の構造を変化させる。 言語的変化の理由は多彩だ。 よく挙げられるのは経済的理由である。 話し手や書き手は時間と労力を節約しようとする。 そのため、彼らは言語を簡素化するのである。

革命もまた、言語の変化を起こさせることがある。 たとえば、新しい物事が編み出された場合などだ。 これらの物事は名前を必要とし、そうして新しい単語が生まれる。 ほとんどの言語変遷は計画されたものではない。 それは自然なプロセスを経て、しばしば自動的に発生する。 話し手はしかし、ことばを意識的に変化させることができる。 それはある決まった作用を引き起こしたいときに行う。 外国語の影響もまた、言語変遷を促進する。 それは特にグローバル化の時代に明らかになっている。 とりわけ英語は他の言語に影響を与えている。 今日、ほとんどどの言語にも英語の単語がある。 それらはアングリチスムと呼ばれる。 言語の変遷は、アンティーク時代から批判または恐れられてきた。 その際、言語変遷はポジティブな印だ。 というのは、それは我々の言語が、我々と同じように生きていることを証明している!