赤ちゃんは読唇術者だ!

赤ちゃんが話すことを学ぶとき、彼らは良心の唇を見ている。 これは発達心理学者たちが発見した。 生後約6カ月で、赤ちゃんは唇を読むことを始める。 そうして彼らは、音を発生させるためには、どのように唇を形作らなければならないかを学ぶ。 赤ちゃんは1歳になると、いくつかの単語を理解し始める。 この年齢から、彼らは再び人の目を見るようになる。 そして多くの重要な情報を得るのである。 彼らは目を見て両親が喜んでいるか悲しいかを見分ける。 それを通じて、感情の世界を見聞するのだ。 興味深いのは、外国語で彼らと話したときだ。 すると赤ちゃんは再び唇を読み始める。 それによって、外国語の音をつくりだすことも学ぶ。 赤ちゃんと話すときはそのため、常に彼らをよく見つめるべきである。

それ以外にも、赤ちゃんは言語発達のために会話を必要とする。 両親はつまり、赤ちゃんが言うことをひんぱんに繰り返す。 そうして赤ちゃんはフィードバックを得る。 これは小さな子供にとって非常に大切だ。 彼らはすると、理解してもらったことがわかる。 この確定は赤ちゃんのモチベーションを上げるのだ。 彼らは引き続き話すことを学ぶことを楽しむ。 しかし赤ちゃんにオーディーデータを再生して聞かせるだけでは足りない。 赤ちゃんは本当に唇を読めると、学術論文は証明している。 実験では小さな子どもに音なしのビデオを見せた。 それは赤ちゃんの母国語および外国語のビデオだった。 赤ちゃんは母国語のビデオをより長く見つめていた。 彼らはその際、明らかにより注意深かった。 赤ちゃんの最初の単語はしかし、世界中で同じだ。 ママとパパ-それはすべての言語において発音が簡単である!