学習は脳を変化させる

スポーツをたくさんする人は、身体を形づくる。 しかし、脳を鍛えることも明らかに可能である。 つまり、言語をよく勉強したければ、必要なのは才能だけではない。 定期的に練習することは同じくらい重要だ。 というのは、練習は脳内の構造にポジティブに影響する。 もちろん特別な言語に対する才能はほとんど生まれ持ったものだ。 しかし集中的なトレーニングは決まった脳構造を変えることができる。 言語中枢のボリュームは増えていく。 多く練習を積んだ人間の脳細胞も増加していく。 長いこと脳は変えられないと信じられてきた。 我々が子供の時学ばなかったことは、永久に学べないと言われていた。 脳科学者たちはしかし、まったく違った結論へたどりついた。 彼らは、我々の脳は生涯柔軟であると示すことができたのだ。

それは筋肉のように機能しているといえる。 そのため、高齢まで構築されることが可能だ。 どんなインプットも脳内で処理される。 鍛えられれば、脳はインプットをさらによく処理する。 つまり、より早く効率的に働くのである。 この原則は、若者でも高齢者でも同様だ。 しかし脳をトレーニングすることを、絶対に学ばなければならない。 読むこともまたとても良い練習になる。 特に高度な文学は、言語中枢を促進する。 つまり語彙を増やすということだ。 さらに我々の言語に対する感情を改善する。 興味深いのは、言語中枢だけが言語を処理するのではないということだ。 運動学がつかさどる部分も、内容を処理している。 そのため、できるだけひんぱんに脳全体を刺激することが大切だ。 ようするに、身体を、そして脳を動かしなさい!