言語の発達

なぜ我々がお互いに話をするかは明らかだ。 我々は情報交換をし、お互いに意思の疎通をしたいからだ。 どのように言語が発生したかは、それに対してあまりはっきりとわかっていない。 そこでは様々な理論が存在する。 しかし確実なのは、言語がとても古い現象であることだ。 話すことの前提条件は、決まった身体的な特徴だった。 それは音をつくりだせるために必要だった。 すでにネアンデルタール人は、声を出す能力を持っていた。 それを通じて、彼らは動物と区別できた。 それ以外にも、防御のための固定した声である音は重要だった。 それによって、的を脅すまたは驚かせることができたからだ。 当時すでに工具がつくられ、火が起こされていた。 この知識は、どうにかして引き継がれていかなければならなかった。

集団での狩りのためにも、言葉は重要だった。 非常に単純な意思の疎通は、200万年前すでに存在した。 最初の言語的要素は、合図と仕草だった。 しかし人間は暗闇でも意思の疎通をしたいと考えた。 そのためには、彼らは互いを見ることなく話せなければならなかった。 そのため、合図を補う声が発達していったのである。 今日の意味合いでの言語は、5万歳よりさらに古い。 ホモサピエンスがアフリカを去ったとき、彼らは言語を世界中に広めた。 様々な地域で言語はわかれていった。 つまり、異なる言語族が発生したということだ。 それらはしかし、言語システムの基本しか含んでいなかった。 最初の言語は、今日の言語よりももっとずっと単純だった。 文法、音韻学、意義額によって、言語はさらに発達した。 異なる言語は異なる解決法であると言える。 しかし問題は常に同じだ。考えていることをどうやって示すか?