独り言

もし誰かが一人で話していれば、聞いている人にとってはほとんどの場合がおかしなことだ。 しかしほとんどすべての人が定期的に独り言を話す。 心理学者は、成人の95%以上が独り言を話すとしている。 子供は遊ぶとき、ほとんどいつも自分自身と話している。 つまり、独り言はいたって普通のことである。 ここではコミュニケーションの特別な形式だけがとりあげられる。 そしてときどき自分と話すことは、多くの利点がある! というのは、話すことによって我々は自分の考えを整理する。 独り言は、我々の内なる声が出てくる瞬間なのである。 ようするに、大声での考察だと言える。 人間はぼんやりしているとき、特にひんぱんに独り言をいう。 その場合、脳内の決まった部分はそれほどアクティブではない。 そのため、あまり整理がされていない。

しかし自分自身と話すことで、計画的な行動の支えとなる。 独り言はまた、決定を下す助けにもなる。 そしてそれは、ストレス解消にとても良い方法だ。 独り言は集中力を促進し、さらに効率をあげる。 というのは、何かを発音するというのは、考えるだけよりも長くかかるからだ。 我々は話すとき、考えをよりよく知覚する。 自分と話しながらやれば、難しいテストもよく解ける。 それは様々な実験が示している。 独り言によって我々は勇気を出すこともできる。 多くのスポーツ選手は、モチベーションを高めるために独り言をいう。 残念ながら、我々はほとんどの場合、ネガティブな状況で自分と話す。 そのため、いつもすべてをポジティブに表現するよう心がけるべきだ。 そして願い事をひんぱんに繰り返さなければならない。 そうして話すことによって、我々は行動にポジティブな影響を与えることができる。 しかし、それは現実的に留まるときのみ機能する!