語学の天才たち

ほとんどの人は、外国語をひとつ話せればうれしいと思う。 しかし70以上の外国語を話す人もいる。 彼らは皆、これらの言語を流暢に話すことができ、正確に書ける。 つまり、彼らは超多言語話者といえるだろう。 多言語の現象は一世紀来有名になった。 そのような才能を持った人についての報告がたくさんある。 しかしこの才能がどこからくるのかは、まだ性格には研究されていない。 科学的には、様々な理論が存在する。 ある者は多言語話者の脳は違ったつくりをしているという。 この違いは、特にブローカ野で明確になっている。 脳のこの部分では、言語がつくりだされる。 多言語話者は、この範囲の細胞がよりよく働くのである。 そのために彼らが情報をより多く処理できるという可能性はある。

このセオリーを確定するためには、まださらなる研究が必要とされる。 しかしまた、特別なモチベーションだけが決定的なのかもしれない。 子どもは外国語を非常に早くほかの子どもから学ぶ。 それは、彼らが遊びの仲間に加わりたいことが関係する。 彼らはグループの一部になりたく、他の子どもとコミュニケーションをとる。 彼らの学習成果は、インテグレーションへの意志にかかっているのだ。 別のセオリーは、脳の量が学習によって増えるという。 学習はそれによって、勉強すればするほどどんどん簡単になる。 似通っている言語も簡単に学べる。 デンマーク語を話す人は、スウェーデン語やノルウェー語を早く学ぶ。 まだ多くの疑問の答えは見つかっていない。 しかし確かなのは、インテリジェンスは何の役割も果たさないということ。 一部の人は、低い知能にもかかわらず多くの言語を話す。 しかし言語の大天才も多くの規律が必要だ。 それは少しなぐさめにならないだろうか?