赤ちゃんという言語的才能

赤ちゃんは、話せるようになる前にすでに言語について多くを知っている。 それは様々な実験が示している。 特殊なベビー研究所では、子どもの成長が研究されている。 その際、どのように子どもが言語を学ぶかも調査している。 赤ちゃんは、我々が思うよりも明らかに知能が高い。 生後6カ月で彼らは言語的能力をもつ。 たとえば、母国語を判別する。 フランスおよびドイツの赤ちゃんは、決まった音に対して違ったリアクションをする。 異なるアクセントが異なる行動を生み出す。 つまり赤ちゃんは、彼らの言語のアクセントに対するフィーリングを持っている。 とても小さな子も、多くの単語を覚えられる。 両親は赤ちゃんの言語発達にとって非常に重要だ。 というのは、赤ちゃんは生まれた直後から相互反応を必要とする。

彼らはママやパパとコミュニケーションをとりたいのである。 相互反応はしかし、ポジティブな感情を伴わなければならない。 両親は、赤ちゃんと話すときにストレスがあってはならない。 赤ちゃんと少ししか話さないのもよくない。 ストレスまたは沈黙は、赤ちゃんにとってネガティブな結果をもたらす可能性がある。 言語発達は、不利な影響を受けることもある。 しかし、赤ちゃんにとって学習はすでにお腹の中で始まっている! まだ生まれる前に、彼らは言語に反応する。 彼らは音声シグナルを確実に感じることができる。 生まれたあと、彼らはこのシグナルを引き続き判別する。 まだ生まれる前に、言語のリズムも学ぶ。 母親の声を、赤ちゃんはすでにお腹の中で聞くことができる。 つまり、生まれる前の赤ちゃんと話すのは可能だ。 しかしおおげさにする必要はない・・・・・・。 生まれたあと、子どもはまだじゅうぶん練習する時間がある!