母国語デー

あなたは母国語に愛情を持っているか? そうなら将来、祝うべきだ。 つまりは2月21日。 国際母国語デーである。 2000年からこの日は毎年祝われている。 これはUNESCOによって導入された。 UNESCOは米国の組織である。 学問、教育、文化に関するテーマを扱う。 人類の文化的遺産をUNESCOは守ろうとしている。 言語も文化遺産のひとつだ。 そのため、言語は守られ、保護され、助成されている。 2月21日には言語的多彩さについて考えられる。 世界中には6000から7000の言語が存在する。

その約半分は消滅の危機にさらされている。 2週間ごとにひとつの言語が失われていく。 しかしどの言語も巨大な知識の宝だ。 言語には民族の知識がつまっている。 ひとつの国の歴史は、その言語のなかに反映する。 経験と伝統も言語によって伝えられていく。 そして母国語は各国のアイデンティティーの要素だ。 ひとつの言語が消滅すれば、我々はことばを失うだけではない。 2月21日にはそれらすべてのことが考えられるべきだ。 人間は言語がどのような意味を持つかを理解するべきである。 そして言語を守っていくために何ができるか考えるべきだ。 あなたの言語が大切だということを示してほしい。 あなたはおそらくケーキをそのために焼くことができるだろうか? デコペンによる美しいケーキの文字。 もちろんあなたの母国語で。