動物の言語

我々が伝えたいとき、我々の言語をつかう。 動物も独自の言語をもっている。 そして彼らはそれを、我々人間とまったく同じように使う。 つまり、彼らは情報交換のためにお互いに話している。 原則的には、どの種も決まった言語をもつ。 それどころか、シロアリでさえ互いに歓談する。 危険があると、彼らは身体を地面に叩きつける。 そうして彼らは互いに警告しあう。 他の動物は、敵が近づくと鳴く。 蜂は踊りながら互いに話す。 それによって彼らは、他の蜂にどこに何か食べるものがあるかを示す。 クジラは5000km離れたところまで聞こえる音を出す。 特別な歌によって、彼らは互いにコミュニケーションをとる。

象も異なった音声シグナルを発する。 しかし人間にはそれは聞こえない。 ほとんどの動物の言語は、非常に複雑だ。 それらは異なるシグナルのコンビネーションによってできている。 つまり、音声的、化学的、視覚的シグナルが使われる。 それ以外にも、動物は様々なジェスチャーをつかう。 ペットの言語は、人間はそうこうするうちに学んだ。 いつ犬が喜ぶのか、人間は分かる。 そしていつ猫が一人になりたいのかを見分ける。 しかし犬と猫はまったく違う言語を話す。 多くのシグナルはそれどころか、まったく逆の意味だ。 長い間、この両種は互いに好きでないと考えられてきた。 しかし彼らは単に、互いを間違って理解しているだけである。 それが犬と猫の間の問題になる。 ようするに、動物も誤解によってケンカをするということだ・・・・・・。