世界言語の英語

英語は世界中でもっとも普及している言語だ。 最多の母国語者はしかしマンダリン、つまり公用語として定められた中国語である。 英語の母国語者は、”たったの”3億5000万人だ。 しかし英語は他の言語に大きな影響を与えている。 20世紀半ばから、英語はものすごく大きな意味を持ち始めた。 それは、とりわけ超権力と化した米国の成長による。 多くの国で、英語は学校での第一外国語だ。 国際的機関では英語を公用語として使っている。 英語は多くの国で、官庁用語や通用語としても使われている。 しかし、もしかしたらまもなく他の言語がこの機能を担うかもしれない。 英語は西ゲルマン言語に属する。 そのため、英語はドイツ語などの言語と近い親戚関係にある。 しかし過去1000年で、言語は大きく変化した。

昔は英語は語形変化した言語だった。 しかし、文法的機能のあるほとんどの語尾はなくなった。 そのため今日では、英語は孤立言語に数えられる。 言語タイプはつまり、ドイツ語よりも中国語に近い。 将来、英語はさらに簡素化されるだろう。 不規則動詞はおそらくなくなる。 他の印欧言語と比べると、英語は簡単だ。 英語の正書法はしかし非常に難しい。 というのは、書き方と発音がだいぶ違っているからだ。 英語の正字法は一世紀たっても変わっていない。 しかし発音は明らかに変化した。 その結果として、今日まだ1400年に発音したように書く。 発音の不規則性もたくさんある。 oughだけでも6種類のバリエーションが存在する! 自分でテストしてください!-thorough, thought, through, rough, bough, cough