速く話す、遅く話す

世界中には6000以上の異なる言語が存在する。 しかしすべて同じ機能をもっている。 それらは情報交換の助けになる。 それはどの言語でも、違った方法で起こる。 というのは、どの言語も独自の規則によって機能するからだ。 話される速度も区別される。 それは言語学者が様々な研究論文で証明している。 それについて、短いテキストがいくつもの言語で翻訳された。 これらのテキストは母国語者によって読み上げられた。 その結果は明白だった。 日本語とスペイン語は最速の言語だ。 この言語では、毎秒8音節が話される。 中国人は明らかにもっとゆっくり話す。

彼らは毎秒5音節を話す。 速度は音節の複雑さに関係する。 音節が複雑であれば、話すのは長くなる。 たとえばドイツ語は一音節ごとに3つの音を含む。 そのため、かなりゆっくりと話される。 しかし速く話すというのは、多くを伝えるということではない。 まったくその逆である! 速く話された音節は、少しの情報しか含まない。 日本人は速く話すにもかかわらず、内容は少ししか伝えていない。 ”ゆっくり”話される中国語はそれに対して、少ない言葉で多くを表現する。 英語の音節も多くの情報を含む。 興味深いのは、調査された言語はほとんど同じように効率的であることだ。 それは、ゆっくり話す人は多くを伝えるということだ。 そして速く話す人は、より多くの単語を必要とする。 最終的にはつまり、ほとんど同時に目標に達する・・・・・・。