マルタ語

英語をブラッシュアップしたい多くのヨーロッパ人は、マルタへ行く。 というのは、この南ヨーロッパの島国では英語が公用語だからだ。 そしてマルタは多くの語学学校で有名だ。 言語学者にとってはしかし、この国はそのために興味深いのではない。 彼らはある他の理由からマルタに興味を持っている。 マルタ共和国はつまり、もうひとつの公用語をもっている。マルタ語である。 この言語はアラビア語の方言から発生した。 それによって、マルタ語は唯一のセム語族のヨーロッパ言語となる。 統語論と音韻学はしかしアラビア語と区別される。 マルタ語もまた、ラテン文字で書かれる。 しかしアルファベットはいくつかの特別な記号をもつ。 cとyはない。 語彙は多くの異なる言語からの要素を含んでいる。

それにはアラビア語の他、とりわけイタリア語と英語があげられる。 しかしフェニキア人とカルタゴ人も影響を与えている。 一部の研究者にとっては、マルタ語はそのためにアラビア系のクレオール言語だ。 マルタはその歴史上、様々な権力によって支配された。 それらすべてがその痕跡をマルタ島、ゴゾ島、コミノ島に残している。 長い間マルタ語は地方の俗語でしかなかった。 しかし本当のマルタ語の母国語者は常に残っていた。 彼らは口頭でのみ伝えていった。 19世紀になってようやく、書くことがはじめられた。 今日、マルタ語話者の数は33万人と推測される。 2004年からマルタはEUの一員となった。 それによってマルタ語もヨーロッパの公用語の一つとなった。 マルタ人にとってはしかし、この言語は文化の一つでしかない。 そして彼らは、外国人がマルタ語も勉強したいといえば喜ぶ。 語学学校はマルタにはじゅうぶんたくさんある・・・。