言語と音楽

音楽は世界的な事象だ。 地球上すべての民族が音楽を演奏する。 そして音楽はすべての文化で理解される。 ある学術研究がそれを証明した。 その際、孤立して生活する民族の前で音楽が演奏された。 このアフリカの民族は、近代的な世界への理解をもっていない。 それにもかかわらず、喜びまたは悲しみの歌かを認識した。 なぜそうなのかは、まだ究明されていない。 しかし音楽は国境のない言語のようだ。 そして我々はみな、音楽を正しく解釈することをなんとなく学んでいる。 進化にとってはしかし、音楽は役立たない。 それにもかかわらず我々が音楽を理解することは、言語と関係している。 というのは、音楽と言語は一体をなしているからだ。

脳内で、音楽と言語は似たような処理をされる。 音楽と言語はまた、同じように機能する。 どちらも音色と音を決まった規則に則って組み合わせる。 赤ちゃんはすでに、お腹の中で学び、音楽を理解する。 そこで彼らは母の言語のメロディーを聞く。 そこで、彼らは生まれてくると、音楽を理解できるのである。 音楽は言語のメロディーをまねると言える。 また、感情も言語と音楽では速度によって表現される。 言語知識によって我々は音楽の中の感情を理解するのである。 逆に、音楽的な人は言語を簡単に学ぶ。 多くの音楽家が言語をメロディーのように感じとる。 それによって、彼らは言語をよりよく思い出せる。 興味深いのは、子守唄が世界的にとてもよく似た響きをしていることだ。 それは、音楽の言語がどれだけ国際的であるかを証明している。 そして音楽はきっと、すべての言語の中でも最高に美しい・・・。