遺伝子が言語に影響する

どの言語を我々が話すかは、我々の生まれに関係する。 しかし遺伝子も言語に関する責任を伴う。 この結果は、スコットランドの研究者たちが出した。 彼らはなぜ英語が中国語と違うのかを調査した。 その際、彼らは遺伝子もひとつの役割を果たしていることを発見した。 というのは、遺伝子は脳の発達に影響する。 つまり、遺伝子は脳の構造を特徴づける。 それによって、言語を学ぶ能力が決まる。 決定的となるのは、二つの遺伝子の変形だ。 ある特定の変形があまりなければ、音声言語が発達する。 音声言語はつまり、この遺伝子変形なしで話されている。 音声言語では音の高さが単語の意味を決定する。 音声言語にはたとえば中国語が属している。

しかし遺伝子変形が優勢であれば、他の言語が発達する。 英語は音声言語ではない。 この遺伝子の変形は、平均的には分散されない。 つまり、それは世界中で違った頻度であらわれる。 しかし言語は、伝えられてこそ生き延びる。 そのためには子どもは両親の言葉を真似なければならない。 彼らは言語をよく学ぶことが出来る。 そして言語は世代から世代へと伝えられていく。 古い遺伝子変形は、音声言語を簡素にした。 昔はおそらくもっと多くの音声言語が存在した。 遺伝的要素はしかし過大評価されるべできはない。 それは言語の発達を説明すること以外にも役立つ。 しかし英語の遺伝子は存在せず、中国語の遺伝子も存在しない。 だれでも言語を学ぶことはできる。 それには遺伝子ではなく、興味と規律が必要だ!