言語の未来

1億3000万人以上が中国語を話している。 それによって、中国語は世界中でもっとも多く話される言語だ。 それは今後もしばらく変わらないだろう。 多くの他の言語の未来は、それほどポジティブではない。 というのは、たくさんの地方の言語が消滅しているからだ。 現在では、約6000の異なる言語が話されている。 エキスパートはしかし、その大部分が消滅危機だと推測している。 つまり、約90%の言語は消えていく。 そのほとんどは今世紀中になくなるだろう。 それは、毎日ひとつの言語が失われていくという意味だ。 将来的にも、ひとつひとつの言語の意味は変わっていく。 英語は第2位だ。 しかしネイティブスピーカーの数はコンスタントではない。

ここでは、人口学的発展が関係してくる。 数十年後には、他の言語が優勢になるだろう。 2位と3位はまもなくヒンディー語/ウルドゥー語とアラビア語になる。 英語はすると、4位になる。 ドイツ語はトップテンから外れる。 そのかわり、マライ語が最重要言語の一つとなる。 多くの言語が消滅するなか、新しい言語もできている。 それはハイブリッド言語となる。 この言語的混合形はとりわけ街で話される。 まったくk新しい言語変形も発達する。 将来は、つまり英語の異なるフォームが存在することになる。 バイリンガルの数は世界的に明らかに増加する。 我々がどのように将来話すかははっきりしていない。 しかし100年後にも異なる言語はまだ存在するだろう。 学習することはそう早くはなくならない・・・。