写真の言語

ドイツ語のことわざである。”一枚の写真は1000の言葉よりも多くを語る”。 これは、写真は言葉よりも早く理解されるという意味だ。 写真も感情をよりよく伝えることができる。 そのため、広告には多くの写真が使われる。 写真は言葉とは違った働きをする。 多くの物事を同時に並行して示し、全体の中で働きかける。 つまり、写真全体がひとつの決まった効果を持つということだ。 言語では、明らかにもっと多くのことばが必要とされる。 写真と言語はしかし同一でもある。 写真を描写するためには、我々は言語を必要とする。 逆では、多くのテキストは写真によってようやくよく理解される。 写真と言語の関係は、言語学者によって研究されている。 しかし、写真がまた独自の言語をもっているかは疑問だ。

何かが映像だけで記録されると、我々は映像をみることができる。 映画の発言はしかし具体的ではない。 写真が言語として機能すべきなら、具体的でなければならない。 写真がより少ない情報を示せば、メッセージはより明確になる。 よい例は、ピクトグラムだ。 ピクトグラムは簡単で一義的な画像の記号だ。 それらは口語的言語を補い、つまりビジュアル的コミュニケーションである。 禁煙のピクトグラムはだれでも知っている。 それはバツ印で消されたタバコを示している。 グローバル化によって、写真はどんどん重要になってくる。 しかし写真の言語も学ぶべきだ。 それは多くを考えるとしても、世界的に理解される。 というのは、我々の文化は写真への理解に影響する。 我々が考えることは、多くの異なる原因に拠るのである。 幾人かの人はつまりタバコを見ず、黒いラインしか見ない。