言語と方言

世界には6000から7000の異なる言語が存在する。 方言の数は当然もっと多い。 しかし言語と方言の違いはいったい何か? 方言は常に、明らかに地域に結びついた傾向をもつ。 つまり地方の言語バリエーションに属する。 それによって方言は最小の分布範囲による言語形式となる。 基本的には、方言は話されるのみで書かれることはない。 独自の言語システムを構築する。 そして独自のルールに沿う。 論理的にはどの言語も随意に多くの方言を備えることができる。 すべての方言は、スタンダードな言語から考えられている。 標準語はその国の誰もが理解する言葉だ。 それによって遠く離れた場所に住む方言を話す人々も歓談できるのである。

ほぼすべての方言が、どんどん意味を失っていっている。 街では方言を聞くことはほとんどない。 職業生活においても、まず標準語が話されている。 そのため、方言話者は田舎者または無教養な人間とみなされることが多い。 そういった人はすべての社会的階層に存在する。 方言話者はしかし、他の人よりも頭がよくないわけではない。 それどころかその反対だ。 方言を話す人にはたくさんの利点がある。 たとえば、語学の授業だ。 方言を話す人は、異なる言語的フォームがあることを知っている。 そして彼らは言語のスタイルを素早く変えることを学んでいる。 そのため、方言話者はより上のバリエーション能力を持っているのである。 フィーリングでどの言語スタイルがどのシチュエーションに合うかが分かるのである。 それは学術的にも証明されている。 つまり、方言を話す勇気を持ちなさい-役立つのだから。