女性は男性よりも言語の才能がある!

女性は男性と同じくらい知能が優れている。 平均的には、どちらも同じ知能指数をもっている。 しかし性別による能力は区別される。 たとえば、男性はより3次元で考えられる。 数学的な課題も、男性はほとんどの場合よりよくできる。 それに対して女性はよりよい記憶力を持つ。 そして彼女たちは言語をよりよくつかさどる。 女性は正書法と文法での間違いがより少ない。 また、より大きな語彙をもち、よりすらすらと読む。 語学のテストではそのため、彼女たちはほとんどの場合男性よりいい成績を残す。 女性の言語的な優位性の理由は、脳にある。 男性と女性の脳は、違うように組織されている。 言語は左脳がつかさどる。

この領域は言語的プロセスをコントロールする。 それにもかかわらず、女性は言語処理において両方を使う。 また、女性は両部分をよりよく交換できる。 女性的脳は、言語処理の際により活発である。 そのため、女性は言語をより効率的に処理できるのだ。 なぜ両部分が区別されるのかはまだわかっていない。 幾人かの学者は、生物学がその原因であると考えている。 女性的遺伝子と男性的遺伝子は、脳の発達に影響する。 ホルモンによっても、女声と男性は、そうなるようになる。 それ以外には、教育が発達に影響するとも言われる。 というのは、女の赤ちゃんはより多く話しかけられ、読んで聞かせられる。 小さな男の子はそれに対して、技術的なおもちゃをより多く与えられる。 つまり、環境が脳を形づくるといえる。 しかし、それに対しては世界中で確実に違いが存在する。 そしてどの文化でも子どもはちがって教育される・・・。