言語の交替=人格の交替

我々の言語は我々に属している。 言語は人格のひとつの大切な部分だ。 しかし多くの人はいくつかの言語を話す。 つまりは、彼らはいくつかの人格をもつという意味なのだろうか? 研究者たちは信じている。”そのとおり!” 我々は言語を話すとき、人格も変えている。 それは、我々が違った行動をするということだ。 この結果には、アメリカの学者たちがたどりついた。 彼らは二カ国語話者の女性の行動を調査した。 この女性たちは、英語とスペイン語で育った。 彼女たちは両方の言語と文化を同じくらいよく知っていた。 それにもかかわらず、彼女たちの行動は言語次第であった。 スペイン語を話すと、彼女たちは自信が大きくなる。

また、まわりがスペイン語を話すほうが気分良く感じていた。 女性たちは英語を話すと、行動を変えた。 彼女らは自信が少なくなり、しばしばあやふやになった。 研究者たちはまた、女性たちが孤独にみえることにも気づいた。 我々が話す言語は、つまり行動に影響する。 なぜそうなのかは、研究者たちにもまだわかっていない。 もしかしたら、我々は文化的基準に沿っているのかもしれない。 話すとき、我々はその言語の文化について考える。 それは自動的に起きる。 そのため、我々は文化に合わせようとする。 我々は、その文化で普通であるように行動する。 実験では中国語の話者はとても控えめだった。 英語を話すと、彼女たちはよりオープンになった。 おそらく我々は、より適合するために行動を変える。 我々は思考の中で話している人たちのようになりたいのである。