秘密の言語

言語を介して我々は他の人に、自分が考え、感じることを伝えたい。 意思の疎通はそのため、言語の最も重要な課題だ。 しかし人間はときには他の皆からは理解されないことがある。 すると彼らは秘密の言語をつくりだす。 秘密の言語は何千年も人々をひきつけてきた。 たとえば、ジュリアス・シーザーは独自の秘密の言語をもっていた。 彼は暗号化されたメッセージを彼の帝国の全土に送った。 彼の敵はそのコード化されたメッセージを読むことができなかった。 秘密の言語は守られたコミュニケーションである。 秘密の言語を通じて、我々は自身と他人を区別する。 限定されたグループに属していることを示すのである。 なぜ我々が秘密の言語を使うのかには、様々な理由がある。 恋するものはいつの時代でも暗号化された手紙を書いてきた。

また、特定の労働グループは常に独自の言語を持っていた。 そのため、魔術師、泥棒、商人のための言語が存在する。 しかしほとんどの場合、秘密の言語は政治的目的に利用された。 ほとんどどの戦争においても、秘密の言語が開発された。 軍隊と秘密情報機関には、秘密言語のための独自のエキスパートがいた。 暗号に関する学問が、クリプトロジーだ。 近代のコードは、複雑な数式にもとづいている。 それらは解読が非常に難しい。 暗号化されていない言語なしには、我々の生活は考えられない。 今日ではあちこちで暗号化されたデータが存在する。 クレジットカードとメール-すべてコードによって機能している。 特に子どもたちは、秘密の言語を面白いと感じる。 彼らは友達と秘密のメッセージをやりとりすることを好む。 子どもの成長には、秘密の言語はそれどころか役立つ。 創造性と言語に対するフィーリングが養われるからである。