感情も異なる言語を話す!

世界中では様々な言語が話されている。 全世界的な人間の言語は存在しない。 しかしジェスチャーにおいてはどうだろう? 感情の言語は全世界的だろうか? いや、ここでも違いが存在する! 長いこと、すべての人は感情を同じように表現すると信じられていた。 ジェスチャーの言語は、全世界的に理解されるとみなされてきた。 チャールズ・ダーウィンは、感情は人間にとって生きる上で重要だと考えていた。 そのため、感情はすべての文化で同様に理解されなくてはならない。 最近の研究ではしかし、他の結果が出た。 そこでは、感情の言語にも違いが存在することが示された。 つまり、ジェスチャーは文化の影響を受けているということだ。 そのため、人は世界中で感情を違ったように示し、解釈する。

学者たちは6つの根本の感情を区別している。 喜び、悲しみ、怒り、嫌悪、そして驚きである。 ヨーロッパ人はしかしアジア人とは違うジェスチャーをする。 同じ話のなかでも、彼らは違ったことを読む。 それは様々な実験が証明している。 その際、被験者はコンピューターで顔を見せられた。 彼らは、顔のなかになにを読み取ったかを描写した。 結果が異なったのには、いくつかの理由がある。 そうして感情はいくつかの文化では、他の文化でよりも強く示される。 ジェスチャーの集約性は、そのため、あちこちで同じではない。 違う文化からの人たちはまた、違う事柄に注意を向ける。 アジア人は、顔の表情を読むときに目に集中する。 ヨーロッパ人とアメリカ人はそれに対して口に注目する。 しかしある表情での表現は、すべての文化で正しく理解された・・・。 それは優しい微笑だった!