インターナショナリズム

グローバル化は言語にもひるむことがない。 それはインターナショナリズム、つまり国際主義の増加においても明らかである。 インターナショナリズムは、複数の言語に存在する言葉だ。 その際、その言葉は同じもしくは似た意味を持つ。 発音は同じことが多い。 単語の正書法も非常によく似ていることがほとんどである。 興味深いのは、国際主義の普及だ。 その普及には境界がない。 地理学上の境界はない。 そして特に、言語学的境界もないのだ。 どの大陸でも理解される単語も存在する。 ”ホテル”という単語はよい例のひとつだ。 それはほとんど全世界に存在する。

多くの国際主義は学問からきている。 技術的な概念も世界的に早く広まる。 昔のインターナショナリズムには、共通の根源がある。 それらは同じ単語から発展していった。 しかし、ほとんどの場合は国際主義は借用語だ。 つまり、単語が他の言語に取り入れられるということだ。 その際、文化圏が重要な役割を果たす。 どの文明にも独自の伝統がある。 新たな発見はそのためにそこらじゅうで受け入れられるわけではない。 文化的基準が、どの物事が受け入れられるかを決定するのだ。 いくつかの事柄は、地球上の特定の部分にしか存在しない。 その他の物事は全世界で非常に早く広まっていく。 しかし、物事が普及した場合だけ、その名前も普及する。 まさにそれがインターナショナリズムを面白くさせるのである。 言語を発見すれば、常に文化も発見する。