身体は言語に反応する

言語は脳内で処理されている。 聞いたり読んだりするとき、脳はアクティブになっている。 それは異なる方法で測定することができる。 しかし言語的刺激に反応するのは脳だけではない。 新たな研究では、言語が身体も活性化することを証明している。 我々の身体は、決まった言葉を読んだり聞いたりするときに働く。 それらは、とりわけ身体的反応を描写する言葉だ。 ”微笑”という言葉は、その良い例だ。 この言葉を読むと、表情筋が動く。 ネガティブな言葉もまた、測定可能な効果をもっている。 ここでの例は、”痛み”だ。 この言葉を読むと、我々の身体は小さな痛覚反応を起こす。 つまり、我々は読むまたは聞くことを真似する、といえる。

言語がより具象的であれば、我々はより明確に反応する。 細かい描写は強い反応という結果になる。 ある研究のために、身体の活動が測定された。 被験者たちは異なる単語を見せられた。 それらはポジティブおよびネガティブな言葉だった。 被験者のジェスチャーは、実験の間に変わっていった。 口の動きと額の動きは様々だった。 それは、言語が我々に強い作用をおよぼすことを証明している。 言葉はコミュニケーションのための手段だけではない。 脳は言語をボディランゲージにも翻訳している。 どのくらい正確に機能しているかは、まだ究明されていない。 しかし、もしかしたら研究結果は結論を出すかもしれない。 医師たちは、患者をどのように最も効果的に治療できるか議論している。 というのは、多くの病人は長期間の治療を受けなければならない。 そしてその際には、たくさん話をするからである・・・。