言葉は我々に何を語るか

世界中には、何百万冊もの本がある。 今日までに何冊が書かれたかはわからない。 この本の中には、多くの知識が保存されている。 もしもすべてを読むことができるなら、人生についての多くを知ることになる。 なぜなら、本は我々の世界がどう変化しているかを示すからだ。 どの時代にもその時代特有の本があった。 それらによって、何が人間にとって大切なのかを知ることができる。 残念ながら、すべての本を読むことは誰にもできない。 近代技術はしかし、本の研究の助けになる。 デジタル化によって本はデータとして保存されることができる。 それから、内容を分析する。 言語学者は、どのように言語が変化しているかをそのようにしてみている、 しかしもっと興味深いのは、単語の頻度を数えることだ。

それによって、特定のものの意味を見分けることが可能だ。 学者たちは500万冊以上の本を調査した。 それらは過去5世紀分の本だ。 合計で約5000億個の単語が分析された。 単語の頻度は、昔と今日、どのように人間が生活していたかを示す。 言語にはアイディアとトレンドが反映している。 たとえば、”男性たち”という単語は重要性を失った。 今日では、昔よりも使われることは少ない。 それに対して、”女性たち”という単語の頻度は明らかに増えている。 また、我々が何を好んで食べるかも単語にみることができる。 50年代では”アイスクリーム”が非常に重要だった。 そのあと”ピザ”と”パスタ”が流行した。 ここ数年では、”寿司”が独占的だ。 すべての言語の友にとって、よいニュースがある。 我々の言語には、毎年単語が増えている!