クリエイティブな言語

創造性は今日、ひとつの重要な要素だ。 だれでもクリエイティブでありたいと思う。 なぜなら、クリエイティブな人は頭脳明晰とみなされるからだ。 言語もクリエイティブであるべきだ。 昔は、人はできるだけ正確に話そうと心がけた。 今日では、できるだけクリエイティブに話せるべきである。 広告とニューメディアはそのひとつの例だ。 それらはどう言語と遊べるかを示している。 約50年前から、創造性の重要性はどんどん強まってきている。 それどころか、研究者たちはその現象に取り組んでいる。 心理学者、教育者、哲学者はクリエイティブなプロセスを研究している。 その際、創造性は新しいものをつくりだす能力と定義される。 クリエイティブな話者は、新しい言語形式をつくりだす。

それは単語や文法構造である。 言語学者はクリエイティブな言語に、どう言語が変化するかをみている。 しかしすべての人が新しい言語要素を理解するわけではない。 クリエイティブな言語を理解するためには、知識が必要だ。 どのように言語が機能するかを知っていなければならない。 そして話者が生きる世界を知らなければならない。 そうすることでしか、何を話者が言いたいのか理解することはできない。 ここでの例は、若者言葉だ。 子どもと若いものは、どんどん新しい概念をつくりだす。 大人はこれらの言葉をしばしば理解できない。 それどころか、そうこうするうちに若者言葉を説明する辞書まで出てきている。 しかしそれはほとんど一世代たてば古くなってしまう。 クリエイティブな言語はしかし習得可能だ。 先生たちはそのための異なるコースを提供している。 最重要な規則は常に、”内なる声を活性化しなさい!”