コードスイッチング

二カ国語で育つ人はどんどん増えている。 彼らはひとつ以上の言語を話せる。 彼らの多くはひんぱんに言語を変える。 彼らは状況に応じてどの言語を選択するか決定している。 たとえば、仕事では彼らは自宅とは違う言語を話す。 そうして彼らは環境に適合するのである。 しかし言語を自発的に変更する可能性もある。 この現象を”コードスイッチング”という。 コードスイッチングでは、言語が話している間にスイッチされる。 なぜ話者が言語を変更するかには、多くの理由がある。 話者はしばしば、ある言語では適当なことばを見つけられない。 彼らは他の言語でよりうまく表現する事が出来る。 また、話者がある言語ではあまり気分よく感じないということもある。

彼らはこの言語をプライベートまたは個人的なことのために選ぶ。 ときには、ある言語にはある特定の単語が存在しないことがある。 この場合、話者は言語を変えなければならない。 または彼らは、理解されないために言語を変更する。 コードスイッチングはすると、秘密の言語のように機能する。 昔は言語の混合は批判された。 話者がどの言語も正しく話せないと考えられたのだ。 今日では、別の考え方をする。 コードスイッチングは特別な言語的能力として認められている。 話者をコードスイッチングの際に観察するのは興味深い。 なぜなら、話者がその際に変えるのは言語だけではないからだ。 他のコミュニケーション要素も変わるのである。 多くの人は、他の言語ではより早く、大声または強調して話す。 もしくは、とつぜんジェスチャーが増える。 コードスイッチングは、常に少しのカルチャースイッチングでもある・・・。