機械的な翻訳

テキストを翻訳させたければ、ほとんどの場合多くのお金を支払わなければならない。 プロの翻訳家や通訳は高い。 それにもかかわらず、他の言語を理解することはどんどん重要になってきている。 この問題を、計算機科学者とコンピューター言語学者は解決したがっている。 彼らはもう長いこと翻訳ツールの開発に携わっている。 そうこうしているうちに、様々なそういったプログラムが存在するようになった。 器械による翻訳はしかし、ほとんどが質のいいものではない。 しかしプログラマーのせいではない! 言語は非常に複雑な構成をしている。 それに対し、コンピューターはシンプルな数学的原理にもとづいている。 そのため、コンピューターは言語を常に正確に処理することはできないのである。 翻訳プログラムはひとつの言語を完全に学ばなければならない。 そのためには、エキスパートたちは何千もの単語と規則をコンピューターに伝えなければならない。

それはようするに不可能だ。 簡単なのは、コンピューターに計算させることである。 なぜなら、コンピューターは計算ならよくできるからだ。 コンピューターはどのコンビネーションがひんぱんに出てくるかを計算できる。 たとえば、どの単語がひんぱんに隣同士になっているかを見分けるのだ。 そのためには、テキストを異なる言語でコンピューターに与えなければならない。 そうしてコンピューターは、どんな決まった言語が典型的かを学ぶ。 この統計的方法は、自動翻訳を改善した。 しかし、それでもコンピューターは人間を補うことはできない。 機械は人間の言語脳を模倣することはできないのである。 翻訳家と通訳は、つまりまだ長い間仕事をもてるということだ! シンプルなテキストは、将来まちがいなくコンピューターによって翻訳することができる。 それに対し、残念ながら詩と文学は生きた要素を必要とする。 それらは言語に対する人間的感情から生きている。 そしてそれがいいことなのだ・・・