インドネシア-多言語の国

インドネシア共和国は、地球上で最大の国のひとつだ。 約2億4000万人がこの島国に住んでいる。 この人々は多くの異なる民族グループに属す。 インドネシアにはほぼ500ほどの民族的グループが存在すると推測されている。 これらのグループは、多くの異なる文化的伝統をもっている。 そして彼らはまた、たくさんの様々な言語を話すのである! 約250の言語がインドネシアでは話されている。 それに加えて、たくさんの方言がある。 インドネシアの言語はほとんど民族グループによって分類されている。 たとえば、ジャワ語やバリ語だ。 この多数の言語はもちろん問題を引き起こす。 それらは効率的な経済と行政を妨げる。 そのため、インドネシアでは国家言語が導入された。

1945年の独立以来、インドネシア語が公用語となっている。 これは母国語とならんで、すべての学校で教えられている。 それにもかかわらず、インドネシアのすべての住民がこの言語を話すわけではない。 たった約70%のインドネシア人がインドネシア語を話す。 インドネシア語が母国語の人は、”たった”2000万人だ。 多くの地域言語は、いまだに大きな意味を持つ。 言語の友にとっては、インドネシア語は特に興味深い。 なぜなら、インドネシア語を学ぶことは多くの利点を持つからだ。 この言語はかなり簡単だとみなされている。 文法の規則は早く学ぶことができる。 発音は、書きかたに沿う。 正書法もまた難しくはない。 多くのインドネシア語の単語は他の言語からきている。 そして、インドネシア語はもうすぐ最重要言語のひとつとなる・・・。 これらは学習を始めるのに十分な理由ではないだろうか?